理工学部生が、ETロボコン2019 チャンピオンシップ大会(全国大会)デベロッパー部門プライマリークラスで優勝しました

 2019年11月20日(水)にパシフィコ横浜で実施された「ETソフトウェアデザインロボットコンテスト(ETロボコン)2019チャンピオンシップ大会」において、理工学部機械知能システム理工学科(白石・茂木研究室)の学生3名と日本精工(株)ステアリング&アクチュエータ技術センター1名からなる産学連携チーム“RoboOhta + M & C”が、デベロッパー部門プライマリークラスにおいて優勝しました。

 ETとは、自動車の制御などに使用するEmbedded Technology(組込み技術)のことです。このコンテストでは、ロボットの走行競技とETソフトウェアの設計技術(モデリング)の両方で競います。全チームが同一仕様のロボットを使用するため、走行性能の差はロボットを制御するETソフトウェアのみに依存します。

 デベロッパー部門プライマリークラスでは、まずスタートから所定の位置までコースを走行し、その後、難所と呼ぶ障害物をクリアします。“RoboOhta + M & C”は見事難所をクリアし、18.7秒のタイムで優勝を果たしました。今年のチャンピオンシップ大会では、プライマリークラスの全国191チームのうち、12の各地区大会を勝ち抜いた22チームで競技が行われました。どれも精鋭のチームで、非常に高度な競技が行われました。