(理工学府)電解液系電極材料の発熱メカニズムを解明~次世代リチウムイオン電池の開発に一歩前進~

 大学院理工学府環境創生部門の森本英行准教授と、公立大学法人大阪府立大学の塚崎特任助教、森教授、林教授、辰巳砂教授らは、JST戦略的創造研究推進事業 先端的低炭素化技術開発・特別重点技術領域「次世代蓄電池」(ALCA-SPRING)の一環として、電解液系リチウム電池用電極材料の熱安定性評価技術を確立し、その発熱反応のメカニズム解明に一歩前進しました。
 本研究成果は、次世代リチウムイオン電池の実用化に大きく貢献します。

 詳細はこちらをご覧ください。⇒ プレスリリース(PDF)