(医学系研究科)忘却の脳内メカニズムの鍵を発見~記憶・学習障害の治療法開発への新たな期待~

 大学院医学系研究科の白尾智明教授らの研究グループは、佐賀大学、東洋大学及び新潟大学との共同研究により、忘却の脳内メカニズムの鍵を握る現象である、シナプスの長期抑圧現象の調節メカニズムを解明しました。
 今回の発見は、成熟に伴う脳機能変化の理解を深めるのみではなく、病気の脳に見られる記憶・学習障害の病態解明や治療法の開発に繋がることが期待されます。
 本研究成果は、細胞神経科学に関する世界的学術誌「Frontiers in Cellular Neuroscience」に掲載されました。

 詳細はこちらをご覧ください。⇒ 医学系研究科HP