前橋市と連携協力に関する包括協定を締結

 国立大学法人群馬大学(平塚浩士学長)と前橋市(山本龍市長)は、相互の友好、発展に資するため、平成30年5月15日に連携協力に関する包括協定を締結しましたのでお知らせいたします。
 本協定は、群馬大学と前橋市が包括的な連携のもと、地域に関わる教育、研究、文化、産業、医療等様々な分野で相互に協力し、地域の発展並びに人材の育成に寄与することを目的としています。
 前橋市とは、これまでも路線バスの自動運転や小水力発電など、様々な連携活動を行ってきましたが、本協定により「組織」対「組織」での連携体制を構築することで、地域の課題の発掘と解決に向けて、群馬大学と前橋市のもつ人的・物的資源を最大限に活用し、さまざまな課題に対する取組を効果的に実施していきます。

【連携協力事項】
 1 教育、研究及び文化に関すること
 2 地域産業の振興に関すること
 3 保健医療に関すること
 4 まちづくりに関すること
 5 人材育成に関すること

(左:平塚浩士学長  右:山本龍市長)