(生体調節研究所)熱ショック因子HSF1による細胞老化の新しい制御機構を発見

 生体調節研究所・遺伝子情報分野の山下孝之教授の研究グループは、山口大学・医学系研究科・医化学の中井彰教授、藤本充章准教授との共同研究によって、熱ショック因子HSF1による細胞老化の制御に関する新しい仕組みを発見しました。

 

 詳細はこちらをご覧ください⇒ プレスリリース(PDF)