地域貢献シンポジウム

地域貢献シンポジウムの目的
 

 群馬大学は地域貢献活動について積極的に推進しているところですが、その成果については個別の事業毎にシンポジウムを開催したり冊子等を作成したりして地域のみなさまへご理解を求めてまいりました。大学が組織的に取り組んできた地域貢献活動の理解を求めるとともに、実施事業の評価として幅広くご意見を伺うことを目的として、平成17年度から、地域のみなさまや自治体に向けて群馬大学地域貢献シンポジウムを開催しています。

2019年度開催案内

開催日時
2019年10月20日(日) 13:00~16:00
会場
桐生市市民文化会館 シルクホール
(群馬県桐生市織姫町2-5)
対象
一般の方々、自治体職員、学生等
プログラム

 13:00~13:05 開会の辞(群馬大学 大澤研二)

 13:05~13:15 主催者挨拶(群馬大学 理事(研究担当) 窪田健二)

 13:15~13:45 講演①「電動低速バスMAYUについて」(群馬大学 天谷賢児)

 13:45~14:15 講演②「ウーバーで配車しマイカーを使った『ささえ合い交通』」(NPO法人「気張る!ふるさと丹後町」 東恒好)

 14:15~14:45 講演③「自動運転システムの開発について」(群馬大学 小木津武樹)

——————–

 14:45~15:15 休憩(質問票記入、回収)

——————–

 15:15~16:00  パネルディスカッション

         司  会:大澤 研二(群馬大学理工学部教授)

           パネラー:東 恒好(NPO法人「気張る!ふるさと丹後町」理事)

                               天谷 賢治(群馬大学副理工学部長)

                               小木津 武樹(群馬大学次世代モビリティ社会実装研究センター副センター長)

              前橋市及び桐生市担当者(予定)

低速電動バスMAYUの試乗及び自動運転車の展示を行う予定です。
参加申し込みは専用フォームからお願いします。リンクはこちら
チラシはこちら