本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
受験生応援サイト
資料請求
ここからサブメニューです
ここでサブメニュー終了です
ここから本文です

群馬ちびっこ大学

群馬ちびっこ大学について


近年、子どもたちの実体験を通じた学習機会が少なくなってきています。体験的学習を通じて、五感で学問の面白さ、奥深さを肌で実感してもらい、将来の日本、世界を担う人材の若い芽を育むことを目的として、小・中学生を主な対象とした「群馬ちびっこ大学」を開催しています。
群馬大学では、地域貢献推進事業の一環として、2005年度から継続して「群馬ちびっこ大学」を開催しています。

開催時期は暑い夏休み期間中の4日間ですが、1日の平均来場者数が約1,500人、その総数は約6,000人と、本学では最大級のイベントとなっています。

令和元年までの総来場者数は93,475人となっており、群馬県内外から多くの方にご来場いただいています。

令和2年度につきましては新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、国の基本方針を踏まえ、国内でのまん延防止や安全確保の観点から、開催を中止いたしました。

令和3年度群馬ちびっこ大学について

令和3年度の群馬ちびっこ大学につきましては、感染症対策のため、Youtubeを利用した動画配信によるオンライン開催となります。    

開催概要については以下のとおりです。

【開催期間】令和3年8月2日(月) ~ 令和3年8月22日(日)

【開催時間】Youtubeですので時間制限はありません。ご自身のタイミングで好きな時間にご視聴ください。

【実施テーマ(配信動画)一覧】

 開催期間になりましたら以下のテーマタイトルにリンクを貼りますので、そこから動画を視聴できるようになります。

 配信開始まで少々お待ちください。

No. 実施
タイプ
対象年齢の目安 テーマのタイトル キャッチコピー 実施内容 ご自身でご準備いただくもの
1 みんながやってみる
(視聴者が実験)
小学校高学年
中学生
【保護者同伴推奨】
土の中からキラキラ鉱物 田圃や畑の土の中から,きれいな鉱物を探そう.   身近にある田圃や畑の土壌には,様々な鉱物が含まれています.ここでは,土壌から鉱物を取り出して観察する手軽な方法(碗掛け)を紹介し,見た目にも美しい鉱物を選んで,その特徴を説明します.碗掛けを行った土壌資料は,ルーペやデジカメで拡大しても観察できますが,学校の双眼実体顕微鏡や単眼顕微鏡を使うとより詳細な鉱物の観察ができます.
   観察ができたら,それらの鉱物は,どこからやって来たのか考えて見ましょう.
・土(約30g)
・湯飲み茶わん
・水400ml
・磁石(なるべく強力なもの)
・サランラップ
・顕微鏡やルーペ
2 みんながやってみる
(視聴者が実験)
小学校中学年
高学年
水と油で火山づくり 水の中でブクブク!?カラフル火山!  水と油の性質を利用して水中に火山をつくる実験である。実際に体験しながら水と油の性質について楽しく簡単に学ぶことができる。見た目が美しい実験であるためインパクトがあり、子どもたちがわくわくするような内容になっている。これをきっかけに科学の美しさ・面白さに気づき、科学を身近に感じてもらう。 ・透明なコップ(400~500ml)
・ぬるま湯(40~50℃)
・油(200~300ml)
・食紅または水彩絵の具
・発砲入浴剤 1個
3 みんながやってみる
(視聴者が実験)
未就学児小学校低学年
中学年
高学年
紙スイレンを作って、じっけん! 水にうかべると花がさく。紙スイレンのフシギを研究しよう!  紙を切って、折って、水に浮かべると、紙の折り目がひろがって、まるでスイレンの花がひらくよう!とってもキレイで、とってもフシギ。小さい子はおとなと一緒に、小学校1〜3年生は自分で作って、紙スイレンの花をさかせてみましょう。そして、小学校4〜6年生はテーマを決めて紙スイレンのフシギを研究しましょう。よそう・けいかくを立て、じっけんを行い、けっかについて考える、というけんきゅうの進め方をせつめいします。 ・折り紙や色紙など
・ハサミ
・お椀やボールなど水を入れる容器
・水
・書道半紙(必要に応じて)
4 みんながやってみる
(視聴者が実験)
未就学児小学校低学年
中学年
高学年
中学生
【保護者同伴推奨】
ニンジャカラーで作ろう! あれれ!?フシギ・カンタン・キレイ!!カラフルなアート。  白画用紙の裏面に彩度が高い色紙を貼り、切り抜く。そして、切り抜いた紙を白い台紙(画用紙)に少し浮かせて貼る。台紙から反射した光が色紙を照らし、それによって生まれた色光がドロップシャドウとなって色の影を作る。単純な物理現象だが、様々なデザインやアートに応用可能であり、科学と造形の関係を考える機会を作る。 ・白画用紙2枚(サイズは自由)
・折り紙(あざやかな色が好ましい)
・発泡スチロールボード
(厚さ5mm、30cm×30cm程度)
・ハサミやカッター
・スティックのりや両面テープ
5 みんながやってみる
(視聴者が実験)
小学校高学年
中学生
紙飛行機競技入門 青空に向けて紙飛行機を飛ばす楽しさを!  競技用紙飛行機の種類や競技方法の説明、飛行の原理、機体の特性と飛ばし方、調整の方法と飛行経路、紙飛行機競技参加者の身体活動量や精神状態に及ぼす影響などの理論学習と、競技用紙飛行機の実演(ビデオ等による)を行います。  
6 みてべんきょうする
(演示)
小学校高学年
中学生
磁石と電気のナゾを追え! 磁石と電気のヒミツの関係を見つけだせ!  電磁誘導についての簡単な実験
 ・電流が作る磁力(電磁石・アンペールの法則)
 ・磁力が作る電流(ファラデーの電磁誘導の法則)
 など
・乾電池
・電池ボックス
・エナメル線
・磁石
7 みんながやってみる
(視聴者が実験)
小学校中学年
高学年
中学生
ことばを科学してみよう わたしたちの頭の中にはいったい何が?!  わたしたちは頭の中のことばを使って、ものを考えたり、ひととコミュニケーションをとったりしています。動画では、実験をとおして、ことばを科学する方法をご説明します。例えば、「僕、犬好きだよ。」-「私も。」この場合、「僕」と「私」は「犬」といってどんな犬種を思い浮かべているのでしょうか?つまり、「犬」の意味とは何でしょうか?このような単語、そして文の不思議な世界にご案内します。早期英語教育が進む中、子どもたちに「当たり前」について自分で考える科学体験をしていただきたい、また親子の大切なコミュニケーションツールでもある、ことばについて改めて考えるきっかけとしていただきたいと思います。 ・紙
・えんぴつなどの筆記用具
8 みんながやってみる
(視聴者が実験)
小学校低学年
中学年
高学年
発見!探検!科学の世界を大冒険! 家にあるものを使って,科学の不思議を実際に体感してみよう♪  家にあるものを使って、科学の不思議体験をしてみよう。
 牛乳パック、紙コップ、ハサミ、テープなど家にある物をつかって科学の不思議を体感できる物を作って原理を学んで遊んでみよう!
 実際に作って、遊んで、考えるがセットになった体験型動画になっています。
・紙コップ(250ml程度)2個
・牛乳パック
・ハサミ
・セロテープ
・タコ糸
・ホチキス
9 みんながやってみる
(視聴者が実験)
小学校低学年
中学年
高学年
中学生

真空実験!ふくらむマシュマロアイス♪ 空気がない状態「真空」を美味しく体験してみよう!  真空を使った脱泡と発泡を紹介する.特に,マシュマロの発泡に注目する.マシュマロを真空容器に入れて真空にすると膨張するが,容器に空気を戻すと元のマシュマロよりしぼむ.この現象はYoutubeでもよくみかける.ここでは膨張したマシュマロをしぼませずに取り出してみる.ちびっこ大学は真夏のイベントなので,視聴者にはマシュマロアイスを作りつつ実験してもらい,実験後にはマシュマロアイスを食べて涼を得てもらう. ・電子レンジおよび冷凍庫
・泡だて器
・ボウル2個
・真空容器
・スプーン
・砂糖50g
・卵白1個分
・粉ゼラチン10g
・水50ml
・コーンスターチ60g
10 みてべんきょうする
(演示)
小学校低学年
中学年
LED光通信で音楽を聞こう スマホの音楽を遠くまで通信できるかな?  スマートフォンに保存されている音楽は電気信号から出来ています。この電気信号によりLEDを点滅させて、その光った信号をLEDによって電気信号に再び変換します。それを最後、スピーカーに繋げて音を流してみます。一体、どんな音が流れてくるでしょうか?途中で光を手で遮ってみたり、LEDも色んな色のLEDがあるので、どの色のLEDにするかで通信出来たり、出来なかったりするのを調べてみましょう。  
11 みんながやってみる
(視聴者が実験)
小学校低学年
中学年
【保護者同伴推奨】
マジックカードを作ろう! 光のトリックで、みんなもマジシャンになれる  水中では見えなかった像が空中に引き上げたら現れてくるように見える「マジックカード」製作と簡単な原理の説明をする動画を提供する。マジックカードは、名刺サイズのラミネートに透明のフィルムと紙を挟んで製作する。紙とフィルム間の薄い空気層の存在により、屈折率の異なる空気とフィルム境界で光の全反射が起こり、紙に描かれているイラストや文字が水中では視界に届かなくなる現象を使っている。ラミネータを持っていない家庭でも実施できるように、対応する。水中のカードには隠れていた絵が水中から出すことで現れるので、「良いものが悪いものへ」「安いものが高いものへ」など面白い変化をネタとして、子供たちが工夫して仕込む自由度があり、成果物で楽しむことができる。 ・透明なフィルム
・粘着式ラミネート
・紙
・色塗り用のペン
・ハサミ

イラストのサンプルは研究室のHPで公開しています
https://eedl.ei.st.gunma-u.ac.jp/chibikko/index.html
12 みんながやってみる
(視聴者が実験)
小学校中学年
高学年
中学生
【保護者同伴推奨】
チョコレートのおいしさを科学する チョコレートは愛を込めても美味しくなりません。科学の力で美味しくなります。あなたもパティシェの職人技をやってみよう。  チョコレートを美味しくする操作を行う。菓子職人の世界ではテンパリングと呼ばれる技術で、科学的にはカカオバターの結晶多形の選択的結晶成長制御である。チョコレートがどんなものか解説し、チョコレートの本体であるカカオバターが油の分子の結晶であることを説明する。カカオバターの結晶は6種類あるがその中の一つだけを作り分けることにより美味しいチョコレートができる。実験は、溶かしたチョコレートの温度を下げ、少し上げ、また下げるということを行う。そのようにするとなぜ美味しいチョコレートになるか考察する。 ・金属のボウル(大3個、小1個)
・へら
・温度計
・製菓用チョコレート
・50℃のお湯
・水

13
みんながやってみる
(視聴者が実験)
小学校中学年
高学年
中学生
夏休みの化学料理教室 夏休みのおやつを、実験気分で作りましょう!  天然の色素がpHで変化する事を利用して、色鮮やかな色が変わるおやつを作ります。身近な料理を通して化学の不思議を体験してもらう。また、化学への興味から料理への興味を持つきっかけを作る。 ・紫芋粉
・紫キャベツ1/4個
・ホットケーキミックス
・砂糖および粉砂糖
・レモン汁
・ゼラチン
・計量カップ及び計量スプーン
・マグカップ
・ボウル
14 みてべんきょうする
(演示)
小学校中学年
高学年
中学生
顕微鏡でみる生命の不思議 身近な土の中にいる小さな生き物から最先端研究へ!  身近な土の中にいる線虫やクマムシといった小さな生物が生命科学の研究でどのように利用されているかをわかりやすく説明する。環境から採取する様子、生きた動物や受精卵の動画などを使って、生命の不思議を感じてもらえる内容にする。  
15 みんながやってみる
(視聴者が実験)
小学校低学年
中学年
高学年
【保護者同伴推奨】
最強の紙ヘリコプターを作ろう! 最後まで生き残る紙ヘリコプターを君は作れるか!?  ダウンロードした紙ヘリコプター用紙を印刷して、紙ヘリコプターを作り、落下させて滞空時間を競う。滞空時間をできるだけ長くするため、どのように改造すればよいか、羽の長さや傾き、クリップの数などいろいろ工夫を行ってもらう。 ・パソコン
・印刷機
・紙
・ハサミ
・クリップ
16 みてべんきょうする
(演示)
小学校高学年 治験(ちけん)ってなんだろう? 新しい「くすり」の誕生に欠かせない「治験(ちけん)」について  新しいくすりの誕生に欠かせない「治験」について、その仕組みやプロセスを、治験のルールも交えて説明する。児童の興味を引くように、コロナ禍での薬やワクチンの開発の実例も含める。  
17 みんながやってみる
(視聴者が実験)
小学校低学年
中学年
高学年
中学生
【保護者同伴推奨】
液体の性質を検査する 身近なモノが酸性かアルカリ性か,色を使って調べてみよう!  「赤じそ」の色は,酸性やアルカリ性の強さによって色が変化するという性質を持つ。これを利用して,赤じそを熱湯に浸して色を抽出し,そこにレモン汁・炭酸水・水道水・重曹・こんにゃく凝固剤などを加えて,色の変化を観察する。
 また,入浴剤を使用した光による液性の検査法も紹介する。これらの実験は全て,家庭にあるものとスーパーで買えるものででき,またお湯に気を付ければ子供たちだけでも安全に実践できる内容である。
・赤じそ20g
・水切りネット
・お湯500ml
・容器(お湯500mlが入るもの)
・透明なコップ5個
・調べたい液体又は水に溶ける固体
18 みてべんきょうする
(演示)
小学校中学年
高学年
中学生
今読むべき「推しの本」 時間のある今、改めて本と向き合ってみませんか?先生に本の良さを聞いてみよう!  おうち時間が増え、落ち着いて本を読む時間が取れる状況にあります。大学の先生が、選りすぐりの「今読むべき本」を紹介します。  
19 みんながやってみる
(視聴者が実験)
小学校低学年
中学年
高学年
中学生
【保護者同伴推奨】
微生物の力で食品づくり 微生物の力を借りてヨーグルトとパンを作ってみよう!  ヨーグルトとパンを例に挙げて、微生物の力を借りて作られている食品が身近にあること、および、それら食品がどのようにして出来ているのかを知ってもらう。さらに、家庭にある器具や材料でヨーグルトとパンを作成し、発酵食品をより身近に感じてもらう。 ・固形ヨーグルト
・牛乳300ml
・水150ml
・清潔なビン1本
・保温バッグ1個
・強力粉250g
・上白糖25g
・精製塩5g
・ドライイースト1.4g
・練乳10g
・生クリーム30g
・無塩バター10g

 

2019年度開催報告

開催期間 2019年8月10日(土)から13日(火) 10時から17時まで(入場は16時30分まで)
会場 ヤマダ電機LABI1 LIFE SELECT 高崎 LABI GATE※入場無料
(〒370-0841 高崎市栄町1-1)
対象 小学生、中学生とその保護者、教員、一般の方々
実験・展示コーナー 「狙え!ストロー飛行機」「水中エレベーターをつくろう!」「ジャンケン・ザ・キング」「緑色がなぜ?クロマキーの不思議」「骨がスケとる!スケルトンカード」他、全31テーマの実験・展示コーナーを設置(詳細はこちら
来場者数 6,565名(こども3,560名、大人3,005名)

その他にも様々なイベントを企画しています。
準備の状況や当日の様子は群馬大学公式Twitterにてチェックしてください。

群馬ちびっこ大学会場のようす1
群馬ちびっこ大学会場のようす2
群馬ちびっこ大学会場のようす3
群馬ちびっこ大学会場のようす4
ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です