公正な研究活動及び適正な資金執行への取組み

公正な研究活動及び適正な資金執行への取組み

 群馬大学の構成員には,社会からの信頼と負託に誠実に応えるべき責務が求められています。独創的な科学研究を展開するとともに,基礎科学と実践的・実学的研究との融合を図りつつ,時代と社会の要請に応じた新しい知の創造を目指している群馬大学にとって,特に研究資金は大変重要なものです。この研究資金を群馬大学が適正に管理するとともに,研究者自らが有効且つ適正に使用し社会倫理に基づき科学研究活動を推し進めてこそ,群馬大学が掲げる目標の達成に繋がるばかりでなく,社会からの信頼と負託に応えることとなります。
 ここに,「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成19年2月15日文部科学大臣決定)が平成26年2月18日に改正され, 「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日文部科学大臣決定)が定められたことに基づき, 公正な研究活動及び適正な資金執行への取組みの方針を定め以下に公表し, 率先して群馬大学の公正な研究活動等に取組みます。

 

群馬大学長 平 塚 浩 士


 

公正な研究活動への取組みについて

  • 群馬大学行動規範, 群馬大学科学者行動規範
  • 不正に係る相談・告発の窓口及び申立て並びに措置等について

参考資料

  • 「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」等

適正な資金執行への取組みについて

  • 公正な研究活動等を行うための責任と権限の明確化
  • 本学における資金等の使用等に関する相談窓口
  • 研究費使用ハンドブック及び会計ルールハンドブックについて

参考資料

  • 「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」等