群馬大学

Topic News 2類8プログラムへ 「新」理工学部! 生まれ変わる理工学部

理工学部は生まれ変わります

理工学部は生まれ変わります

理工学部は、これまで、化学、生物、材料、機械、電気電子、情報、土木など伝統的な工学分野に「理学」の基盤を強化し、「化学・生物化学」「環境創生」「機械知能システム」「電子情報」といった分野融合による学修体制をとってきましたが、より幅広い学修体制として「物質・環境」と「電子・機械」の2類体制に生まれ変わります。理工学の知識を基にした食品工学、化学と物理の融合した材料科学、電気と機械の融合した知能制御を学べるプログラムを新設し、SDGsに対応する持続可能な社会や、高度情報社会の基盤となるモノづくりを担う人材を育成します。

「学科」は、2021年4月から「類・プログラム」に

「類」とは幅広く理工学を学ぶためのものです。分野横断的な教育を強化し、IoTや持続可能な社会に向けた課題解決ができる人材を育成します。入学後はまず「類」に所属し、教養教育や理学系基礎教育、類基礎科目などを通して幅広い知識を身に着けます。2年次後期以降、自分の適性を考えながら「プログラム」を選択できます。従来の伝統的な学術分野を背景とするプログラムに加えて、食品工学、材料科学、知能制御を学べるプログラムを新設し、皆さんの専門性を育てていきます。

今後さらに大きく変わってゆく未来社会に対応するため

Point

理工学部では、新たに、食品工学、材料科学、知能制御を学べるようになります。

● 新しく食品工学プログラムが誕生!
 ▶ 理工学系で食品の科学と工学を学べる全国で数少ないプログラムです。
 ▶ 食品を科学的に理解し、これを食品開発に反映させ、さらに食品生産および海外も含めた流通に寄与できる人材を育成します。

※電子情報理工学科情報科学コースは、情報学部に移行します。
※総合理工学科は募集停止となります。
※これ以外の分野は、2021年4月以降も引き続き理工学部で学ぶことができます。
Pick up

課題発見セミナー、課題解決セミナーなどPBL(プロジェクトベースドラーニング)により、今後大きく変わっていく産業構造に対応し、最先端で活躍できる人材を育成します。

カリキュラム

2021年4月始動!2類8プログラム

持続可能社会を支えるための基礎となる化学・生物・物理を融合した科学技術について、幅広く学ぶことができます。Society5.0 を支える IoT やロボットなど物理・数学を基礎とした科学技術について、幅広く学ぶことができます。

物質· 環境類
[現 化学・生物化学科、環境創生理工学科、機械知能システム理工学科の一部]

応用化学プログラム

物質科学と生命科学から持続可能な社会の基盤を生み出す
物質の性質·構造に関する分野や遺伝子、生命科学分野について学びます。

●卒業後の進路
大学院進学 / 化学系企業 / 食品・化粧品系企業 / 医療・製薬系企業 / 材料系企業

食品工学プログラム

食品生産工学・食品科学のプロフェッショナルを目指す
食品機能を科学的に理解するとともに、食品の生産工学を学びます。

●卒業後の進路
大学院進学 / 食品系企業 / エンジニアリング系企業 / 材料系企業 / 化学・化粧品系企業

材料科学プログラム

あらゆる材料を網羅した総合型材料開発を目指す
物質科学ならびに金属工学を基軸として、材料開発に関する基礎から最先端の知識と技術を体系的に幅広く学びます。

●卒業後の進路
大学院進学 / 化学・材料系企業 / 電機·電子系企業 / 自動車系企業 / 機械· 精密機器系企業 / 医療機器系企業

化学システム工学プログラム

スマート社会を実現するデバイス、装置、プロセスの開発を目指す
物質・エネルギーを無駄なく、クリーンに利用・生産するための知識と技術を学びます。

●卒業後の進路
大学院進学 / 化学系企業 / エンジニアリング系企業 / エネルギー関連企業 / 材料系企業

土木環境プログラム

自然環境との調和を図り、国民の安全を守る
自然災害からの防御や社会的·経済的基盤の計画·整備·維持管理のための技術を学びます。

●卒業後の進路
大学院進学 / 建設・防災・環境系企業 / 社会インフラ企業(鉄道等) / 公務員

電子· 機械類
[現 機械知能システム理工学科の一部、電子情報理工学科電気電子コース]

機械プログラム

エネルギー·加工·力学、機械の幅広い技術を身につける
エネルギー変換技術や材料加工技術、機械力学技術について学びます。

●卒業後の進路
大学院進学 / 自動車·輸送機器·一般機械の製造企業 / 医療機器製造企業

知能制御プログラム

超スマート社会を創造する
超スマート社会を創造する知能化メカトロ制御技術、IoTによるエネルギー制御技術について学びます。

●卒業後の進路
大学院進学 / 精密機器·精密加工系産業 / 自動車·輸送機器·一般機械製造企業

電子情報通信プログラム

電気電子工学のプロフェッショナルを目指す
最先端のデバイス、通信技術、IoTシステムなどの、モノづくりにかかわる情報技術やAI技術について学びます。

●卒業後の進路
大学院進学 / 電子部品・電気機器製造業 / 情報通信システム / 自動車・一般機械製造企業

★土木環境プログラムと機械プログラムはJABEE(日本技術者教育認定機構)認定のプログラムです。

理工学部の研究室紹介ページへ

入試情報 ※すべてインターネット出願です

入試情報

※この表はわかりやすくまとめたものです。詳しくは「2021年度 入学者選抜に関する要項」並びに各入試別の「学生募集要項」で必ずご確認ください。
※ 1 GFL特別枠若干名を含みます。
※ 2 共通テストの英語配点は、リーディング100点、リスニング100 点となっていますが、本学では、リーディングとリスニングの配点比率を4:1とします。具体的には、リーディング160 点満点、リスニング40点満点に換算し、合わせて200点満点とします。なお、英語を選択しリスニングを免除された場合には、リーディングの点数(100点)の傾斜配点(× 2.0)を行い、英語以外の外国語を選択した場合については、筆記の点数(200点)を配点とします。