群馬大学
受験生応援サイト

群馬大学について知りたい!

イマドキ!授業
群大の特徴的な授業をご紹介!

- ハンセン病について学び考える新授業 -

社会情報学 プロジェクトA-Ⅱ

西村淑子先生

西村先生
西村先生プロフィール
ハンセン病について学び考える新授業
社会情報学部では、2016年度にカリキュラムの再編が行われ、「ディレクション制」を導入しました。ディレクションごとに開講されている「プロジェクト科目」のうち、今回特集するのは、『公務と法律』を受講する学生向けの授業「プロジェクト科目A-Ⅱ」です。私たちはこの授業を担当する西村淑子教授にお話を伺いました。
学生広報大使 佐藤 真衣さん、釜崎 夏純さん、福井健一郎さん
授業のきっかけは自身の体験から
福井

そもそもこの授業は熊本の水俣の人々との出会いが始まりだそうです。

西村先生

熊本は水俣病が発生した地域で私も熊本に何度も行って、勉強していました。その時に、「群馬にはハンセン病問題があるよね、群馬にいるなら群馬大学がやらなきゃダメじゃない!」と言われて始めたんです。地元に根を張った教育や研究がすごく大事なのだと水俣の人たちに教えてもらいました。広く勉強する必要もあるけれど、実際に何かを解決するためには自分たちの身近な問題を発見して直接向き合うことが大事だと教えてもらいました。

授業の内容について
佐藤

先生の担当するこの「プロジェクト科目A-Ⅱ」は、学生たちが草津へとフィールドワークに行き、栗生楽泉園(くりうらくせんえん)などを回り、ハンセン病について学び考えるというものです。
先生によると、先生はこの授業より以前にゼミの学生と栗生楽泉園へ何度も向い、活動をしていたそうです。

西村先生

私の専門は行政法についてですが、行政法のテーマの一環として、ハンセン病の問題を取り上げてきました。群馬には草津に国立のハンセン病療養所があるということで、学生と地域の人がお互いに交流して学ぶことがとても大事だと思い、ゼミ生と一緒にハンセン病についての学会へお手伝いに行ったり、地域貢献事業の一環として、一般の方へ向けてスタディツアーなどを行ったりしました。

釜崎

その後、社会情報学部で「体験型の授業を必修にする」ということが決まり、「プロジェクト科目A-Ⅱ」が始まったそうです。この授業は夏休み中に行われ、草津に一泊して栗生楽泉園の入所者さんにインタビューなどを行い、関連する様々な場所を訪れた後、個人やグループ単位で学んだことを元にレポート作成や発表を行うというものです。
希望者が多いため、受講できる人数を制限しており、今年度の予定人数は34人だそうです。

西村先生と活動のようす
プロジェクト科目になってから変わったこと
西村先生

2年生はすごくまじめに授業を受けてくれます。3年のゼミ生から「2年生も一生懸命やってくれましたよ」と報告があります。さらにこの学びを深めたいという学生がゼミに入り、このフィールドワークのサポート側として活躍してもらっています。

学生自身に主体的に考えてもらう
西村先生

インタビューで事実を本人から聞くということも大事ですが、それは本当に一部にしか過ぎず、その話がすべてではないです。過去はどうなのか、語られていないことはどうなのか、そういった部分を学生自身に考えさせることもこの授業の目的のひとつとしています。グループワークで得られたことを元に、プレゼンをして共有もしています。中でも最も大事なテーマは“ハンセン病の歴史をどう継承していくか”ということ。10年後、20年後には療養所の入所者さんはいなくなり、療養所は閉鎖されるかもしれない。そこで統廃合しようという動きも出ています。

西村先生

そうなったときにハンセン病の問題を知らない人にどのように理解してもらい、歴史を継承していくべきなのか、を考えてもらうことを一番のテーマとしてかかげています。全体報告会という形でプレゼンし、のちに学生個人にレポートとして書いてもらっています。

実践から学ぶことの重要性
西村先生

入所者さんとのやり取りには“一期一会”という言葉があるようにこれは最初で最後かもしれない。聞かせてくださった方に「ちゃんと受けとめましたよ」ということが伝わるようにお礼状を書くことを毎年必ずやっているのです。

福井

人と人との直接的なコミュニケーションもデジタル化が進んでいる現代だからこそ、手紙というアナログの形で感謝の気持ちを残すことが重要なのだとお話を伺って感じました。
その点から、この授業は『公務と法律』の授業ではありますが、コミュニケーションという分野では多方面につながりがみられます。

行政の目線だけでなく、さまざまな目線から
西村先生

『公務と法律』のディレクションを選択している人はやはり将来の進路が公務員の人が多いですね。この授業はそれらの学生に向けて、かつてあったハンセン病の差別問題、また、それに関する法律を行政法のテーマとして扱い、学びを深めるのが目的です。実際、将来公務員になって福祉の現場で働く人もいます。ビジネスやお金で解決できない問題がある、それを解決するには身をもって体験することが大切です。でも目的は一つではなくて、他にもその地域の人たちがどういう風に療養所の患者さんと接していたのか、地域社会の中にもいろいろな歴史があるということを知ってほしいと思っています。

西村先生

今、療養所に入所している方々も高齢化が進んできています。入所者の方々がどういう気持ちで、どんなふうに療養所の中で暮らしてきたかということは、入所者さんたちが文章にしたり、証言したり、その映像が残っているので、様々な形で見聞きすることはできます。でも、直接行ってお話を聞ける貴重な機会を得られるのはあと5年くらいなのかな、と。

佐藤

ハンセン病について知る人がいなくなってしまう前に、現代の若い世代にハンセン病について伝えていくというのも一つの目的だと伺いました。実際に、授業を実施して終わりではなく世間に伝える活動も行っている、ハンセン病の患者さんには後遺症が残っている方もいます。そういった人にも配慮して冊子を音読しCD化したり、学生主体で映画制作も行ったりしているそうです。

群馬県草津町でのフィールドワークの様子

小学校体育科指導法「ボール運動」の授業
昨年フィールドワークに参加した学生が撮影した写真
小学校体育科指導法「ボール運動」の授業
昨年フィールドワークに参加した学生が撮影した写真
現代に通用する過去事例
釜崎

現在、日本国内でのハンセン病の発病はほとんどいないようですが、事例が少ないハンセン病について学ぶのはなぜなのでしょうか。

西村先生

かつてハンセン病では、伝染病に関する差別が問題になりました。皆さんが想像できる現代社会にある差別の問題にはどのようなものがありますか。例えば、エイズの患者さんたちに対して社会がどう向き合うべきか、外国人と日本人のハーフの子どもさんなどに対して「見た目が違うから」とか「日本語がちょっとつたない」という理由から学校でいじめにあうとか、それ以外にも障がいを持つ人に対しての差別、精神病に対する差別、男女差別も残っています。そういう差別において昔の事例を学ぶことが、今の差別がどうして起こっているのか、それらをどうやって解決していけばいいのかということを考えるきっかけ、糸口になればよいと思っています。

実際に自分で体験することの大切さ
西村先生

日常生活の中では自分と似たような人に囲まれて生活をしていますよね。差別の問題を言われてもピンとこないでしょう。障がいがある人がいても視野に入ってこないし、気づきません。そのような点で、この授業は日常から離れ、自分の見えなかった部分に気づくことのできる良い機会と言えます。

西村先生

大学の普通の授業の内容は、知らないことを教えていれば目的としては成り立つと思います。しかしこの授業では単に“知らないことを知った”という抽象的な知識を得るだけでなく、実際に当事者に会いに行きます。実際に相手の方を目の前にすると「その人の役に立とう」とか、問題を解決しようという姿勢で接しなければ、相手が「自分たちはただの実験、観察の対象なの?」と思ってしまうかもしれません。研究する人や学生も、学校の中での勉強なら「あぁそうだったんだ」と想像するだけで終わってしまいますが、苦しんだ人や現在苦しんでいる人などを目の前にしながら学ぶ時、私たちは、そうした人々の前をただ通りすぎることはできません。それが大学の施設の中で勉強することと、現場に行って当事者や被害者の方に会って学ぶということの一番の大きな違いですね。

大学で学ぶことの本質とは
社情メンバー

最後に、先生はこの授業を通じて、本来大学で学ぶべきことは何なのか、その本質を語ってくださいました。

西村先生

公務員試験に合格するために勉強することも大事です。でも本当に大学で勉強すべきことは当事者が置かれた具体的な状況などを何か一つリアルに感じることです。
進化が著しい時代、この学部だからデータの活用とかパソコンの利用に特化しているけれど、「本当にその人のことを助けよう、解決しよう」と思ったら、その現場に行かないと解決できない。だからこそアナログでの問題も決して忘れてはならないということもこの授業を通して社会情報学部の学生さんには念頭に置いてほしいと思っています。

Check !

国立療養所栗生楽泉園ホームページ

群馬大学社会情報学部ホームページ

国立大学法人 群馬大学

Page Top