本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
受験生応援サイト
資料請求
ここから本文です

新着情報

理工学府産学官連携研究員(ポスドク)(分子科学部門:パート)の募集

[CATEGORY] 採用情報, 新着情報

職  種 産学官連携研究員
事業者名 国立大学法人群馬大学

勤務場所

群馬大学 大学院理工学府 分子科学部門 環境調和型材料科学研究室
群馬県桐生市天神町1−5−1(桐生キャンパス)

 

勤務内容

国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)ムーンショット 研究開発課題「生分解開始スイッチ機能を有する海洋分解性プラスチックの研究開発」プロジェクトに参加し、海洋生分解性プラスチックの開発研究に従事してもらいます。特に、「微生物を用いる海洋生分解性プラスチックの分解開始スイッチ開発」、「海洋生分解性プラスチック表面の微生物叢を制御することによるプラスチックの生分解速度制御」、および「実験室―深海現場環境におけるプラスチックの生分解検証およびその評価」に関する研究開発項目に取り組んでいただきます。
採用予定人数 1名
学  歴 博士の学位を有すること
資  格

下記A、Bのいずれか、あるいは両方に該当する方。該当しない場合でも当該研究開発(「微生物を用いる海洋生分解性プラスチックの分解開始スイッチ開発」、「海洋生分解性プラスチック表面の微生物叢を制御することによるプラスチックの生分解速度制御」、および「実験室―深海現場環境におけるプラスチックの生分解検証およびその評価)に熱意を持って取り組める方。

A  機器分析(液体クロマトグラフィー、質量分析、ガスクロマトグラフィー、全有機炭素分析など)のスキルを有していること。
B  生物群集解析に関わるバイオインフォマティックスなどを習熟していること。微生物生態学に関する知識があることが望ましい。

身  分 非常勤(パート教職員)
雇用期間 2021年10月1日以降出来るだけ早い時期から2022年3月31日まで
※任期は年度契約で、大学が必要と認めた場合、更新することができる。
※最長雇用期限:2024年2月28日
勤務時間 月曜日から金曜日 9時00分から16時00分(休憩60分間含む)
1日6時間 週5日30時間勤務(※勤務時間等は相談に応じます。)
試用期間 なし
給与手当 国立大学法人群馬大学非常勤教職員就業規則による
【給与】時給1,787円~時給1,999円(毎月末締の翌月21日払)
    群馬大学非常勤教職員就業規則に従い、経歴等によって判断
【手当】通勤手当支給(通勤2㎞以上の交通機関利用者及び自家用車等利用者に限る)
休 日 等 土曜・日曜・祝日、年末年始(12/29~翌年1/3)、年次有給休暇あり
その他の労働条件 超過勤務する場合有り、社会保険・雇用保険・労災保険
選考方法 書類審査後、書類選考通過者のみ面接を行います。
応募締切 適任者が決まり次第締め切ります。
面 接 日 応募があり次第順次行います (詳細は、書類選考通過者に追って連絡)。
面接結果 採用内定・不採用については、Eメールにて通知します。
応募方法 (1)履歴書 (写真貼付、Eメールアドレス明記のこと)
(2)今までに経験した研究業務があればそれを記載したもの (A4用紙で枚数・書式自由)
上記を1つのPDF fileにまとめてEメールで提出してください。
応募書類送付先 群馬大学理工学府 分子科学部門群馬大学理工学府 分子科学部門 
 粕谷 E-mail:kkasuya[at]gunma-u.ac.jp ※[at]は@に置き換えてください。
受動喫煙防止措置の状況 敷地内禁煙(屋外に喫煙場所設置)
そ の 他 ・採用に際して研究歴により、特任教員の称号を付与する場合がある。
・提出していただいた書類は、採用審査にのみ使用します。
・正当な理由なく第三者への開示、譲渡および貸与することは一切ありません。
・質問はEメールでお願いします。
※定年年齢65歳

 

ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です