群馬大学大学院新研究科・学環
誕生します

2024年4月開設

情報学研究科
医理工
レギュラトリー
サイエンス学環
パブリック
ヘルス学環
情報学研究科/パブリックヘルス学環/医理工レギュラトリーサイエンス学環

About新設する研究科・学環について

社会課題を解決する実践力をもつ人材の育成を強化するため、新研究科・学環が誕生します。

群馬大学大学院 改組の全体像
改組前
矢印
矢印
改組後

※掲載内容は予定であり、変更する場合があります。

情報学研究科(荒牧キャンパス)

より深く広く情報学を学ぶ

情報通信技術の進展、中でも機械学習や人工知能の進化が多くの仕事の進め方にインパクトを与え、情報ネットワークの拡充が情報拡散の量と質の深化を生んでいます。これらは、人間社会に大きな革新とともに望まない影響ももたらしています。本研究科は、このような情報化を人間中心のものとして進化させるため、情報学の知の拠点を目指します。

情報科学/データサイエンス/人文科学/社会科学

【情報学とは】

情報学は、「情報によって世界に意味と秩序をもたらすとともに社会的価値を創造することを目的とし、情報の生成・探索・表現・蓄積・管理・認識・分析・変換・伝達に関わる原理と技術を探求する学問である。」(情報学分野の参照基準より)とされています。

情報科学プログラム

・育成する人材像

情報科学・データサイエンスの専門知識に基づいて研究開発の一翼を担える能力を涵養するとともに、情報技術と密接に関係する社会の諸相について理解を深めます。これらを通じて急激に変化する社会に対応して専門知識に基づく問題解決を図り未来社会の創造を担う高度専門職業人を育成します。

・課程

修士課程

・学位

情報学

社会情報学プログラム

・育成する人材像

人文科学・社会科学、情報科学の知識とそれに基づいた社会的洞察力・状況分析能力・科学的思考能力を駆使して、行政・企業・NPOなどの各組織における意思決定に具体的・実践的に関与できる「高度専門職業人」を育成します。 そのために、メディアと社会の双方への視点を身につけ、社会から情報を獲得・分析し、社会への還元を立案できる能力を涵養する科目群を提供します。

・課程

修士課程

・学位

情報学

修了後の主な進路

大学・研究機関、自治体、官公庁、金融機関、電気機械器具製造業、輸送用機械器具製造業、電気・情報通信機械器具製造業、電子部品・デバイス・電子回路製造業、運輸業、学術研究 専門・技術サービス業、複合サービス業

パブリックヘルス学環(昭和キャンパス)

公衆衛生の専門家となる
知識・技術を修得する

疫学、医療統計学、社会行動科学、産業環境保健学、保健政策・医療管理学の5つの基本領域においてグローバル・スタンダードに沿った授業を展開し、地域・国内外の公衆衛生上の課題解決のために、高度専門家として指導的役割を果たすことができる人材を育成する教育を行います。

保健学/医学/データサイエンス

社会健康医学プログラム

・育成する人材像

健康の格差を是正するための組織的な活動に寄与する最先端研究や公衆衛生の両輪である実践と研究のいずれの分野でも活躍できる卓越した能力を持った人材を育成します。また、生物統計学を用いた分析力と実践力を磨き、公衆衛生の専門家として必要となる知識・技能を修得するとともに、多様な価値観や倫理観が行き交う現場で課題解決力を発揮するためのマネジメント力を有する高度専門家を育成します。
※1年コース(医師・歯科医師・薬剤師・博士号取得者向け)と2年コース(上記以外)を設置

・課程

修士課程

・学位

社会健康医学

修了後の主な進路

医療機関(臨床研究中核病院)、保険業、医薬品製造業、自治体、官公庁、大学・研究機関、シンクタンク、コンサルタント業(医薬品開発業務受託機関)

医理工レギュラトリー
サイエンス学環(昭和キャンパス・桐生キャンパス)

重粒子線医理工学を分野横断的に学ぶ

理工学から生命医科学にわたる学問分野を俯瞰的に把握し、さらに高度な専門知識・技術を学ぶとともに、責任感と倫理観を有し、先端研究を社会実装につなげるレギュラトリーサイエンスの素養を有する人材を育成します。地域・国内外の産業・医療関連の高度専門家として指導的役割を果たすと期待されます。

保健学/医学/データサイエンス

重粒子線医理工学プログラム

・育成する人材像

重粒子線医理工学の分野横断的連携を基盤として、生命医科学、医学・医療及び理工学における学際的学問領域の研究を主体的に担うことができ、リーダーシップを発揮できる研究者・教育者、社会のニーズに対応できる高度職業人を育成します。また、医学物理士も育成します。

・課程

修士課程

・学位

医理工学

修了後の主な進路

産業用電気機械器具製造業(医療機器、電子応用装置)、医薬品製造業、大学・研究機関、医療機関、医学物理士

入学料・授業料(現行)

※入学金・授業料の免除、奨学金、教育研究補助員雇用などの経済的支援制度があります。