2010年度地域貢献事業
工学研究科 工学クラブを中心とする群馬県・栃木県教育委員会、各市教育委員会と連携した総合的地域理科教育充実プログラム

2010年度地域貢献事業

担当者 : 工学研究科 山本隆夫 副工学部長・教授

事業概要

理科離れは工学離れへとつながり、科学技術力で経済をささえる我が国にとって、いわゆる理科離れは重大な問題となっている。理科離れ対策において重要なことは、小さな頃から理科を子供達が楽しみ触れられる環境をつくることにある。本プロジェクトは、子供達が小さな頃から各種理科的なものに触れる機会を身近につくる体制をつくるために昨年度、官公庁・小中学校・高校・教育委員会・児童館・サイエンスボランティアなどと連携して設置した「工学クラブ」を核にして各種事業を実施し、地域理科教育を推進することで地域の理科離れを食い止めることにある。具体的には、このクラブを核に、小・中・高校生を対象にした「理科教育及び先端技術教育につながるプログラム」を官公庁・小中学校・高校・教育委員会などと連携しながら、より充実させ工学クラブの活動を強化していく。

実施事業等

本クラブでは、今年度も引き続き下記のような各種事業・行事を関係他団体と連携し、主催・共催し実施した。

平成22年度地域理科教育等対応状況表(予定を含む)
工学クラブを中心とする群馬県・栃木県教育委員会、各市教育委員会と連携した総合的地域理科教育充実プログラム

期待される成果

以下のような成果が期待される。

(1)イベントの情報が小・中・高校の生徒へスムーズに流れるようになり、参加者数の増加が期待され、行事運営の効率化が進む。

(2)理数に関心を持ち、将来、科学・技術者を目指す生徒が増加する。

(3)行事には、小・中・高校の先生方や生徒の父兄が同伴することが多いので、行事への参加を通して、理数関係のイベントに興味を持ち、積極的に関わろうとする地域サイエンスボランティアの育成が促進される。

(4)小・中・高校の先生方と連携し、新たな教育プログラムを開発することが可能になる。

(5)群馬大学や工学研究科の社会的な認知度や存在意義が、一層増大する。

(6)将来、群馬大学や工学研究科を目指す生徒の数が増加することが期待される。