国際交流を通じた世界に貢献する保健分野のグローバル人材の育成

 
 
 
 
 

 

 

群馬大学

国際保健推進室長
大学院保健学研究科生体情報検査科学領域
応用生体情報検査科学分野 教授

齋藤 貴之

 

 

 労働人口の低下、医療費・年金の負担増加はアジア地域で起こる共通課題です。安心・安全に暮らせる世界にするために、群馬大学は多角的な視点を持って行動ができる保健分野のグローバル人材を育成します。モンゴル国立医科大学、米国ワシントン大学・ピュージェットサウンド大学、ニュージーランド オタゴ大学、フィリピン大学など国際交流を継続しています。多様性の尊重と外国人との共生が私たちのキーコンセプトです。

 

 

 

 

 

                

 

 

 




 

キーワード 国際化、保健人材、国際交流、NCDs、UHC