自動車運転能力の正確な評価による交通事故の予防を目指して



 
 
 

 

 

群馬大学

大学院医学系研究科
リハビリテーション医学 教授

和田 直樹

 

 

 地方に暮らす人々にとって自動車は移動手段としてなくてはならない交通手段です。しかし続発する高齢ドライバーの事故などを契機に現在の免許更新制度の有効性について疑問が上がっています。事故を防ぎながら高齢者の社会参加を促進ためには現在の認知症検査以外の方法で自動車運転能力を正確に判断する必要があります。この問題の解決策として、私達は運転再開の可否を判断する評価バッテリーの開発や、警察、自動車教習所を連携した地域連携に取り組んでいます。

 

                       注意機能検査                                        ドライブシュミレーター

 

キーワード 自動車運転、交通事故予防、高齢者、社会参加