バイオプラスチックの普及による持続可能な社会の構築を目指して

 
 
 
 
 

 

 

群馬大学

食健康科学教育研究センター長
大学院理工学府分子科学部門
物質・生命理工学領域 教授

粕谷 健一

 

 

 プラスチックは現代社会を支える重要な材料ですが、原料や製造エネルギーとして化石資源を大量に消費します。また、プラスチックごみの増加による環境汚染も全世界的な問題になっています。これらの問題の解決策として、 バイオプラスチック が環境調和型材料として注目されています。本研究では、来るべき持続可能な社会の構築を目指して、 バイオプラスチック の開発に取組んでいます。

 

 

 

 

 

キーワード 生分解性プラスチック、食品残渣高度利用、微生物叢解析、食品微生物、海洋ゴミ