非可食バイオマス資源からのバイオベースプラスチックで気候変動対策

 
 
 
 
 
 
 

群馬大学

食健康科学教育研究センター
大学院理工学府分子科学部門
物質・生命理工学領域 准教授

橘 熊野

 

 

 

 現代社会を支えるプラスチックは化石資源を原料としていますが、化石資源に依存した社会では持続可能な社会の構築は望めません。そのため、植物資源(バイオマス資源)から生産するバイオベースプラスチックの生産開発が進められています。しかし、そのほとんどは食べることが可能な可食バイオマス資源を使って生産しているため、食料問題を引き起こす遠因になります。私たちは、化石資源や可食バイオマス資源ではなく、食料廃棄物などの食べられないバイオマス資源を用いたプラスチック開発に取り組んでいます。

 

 

 

 

 

キーワード バイオベースプラスチック、非可食バイオマス、食品残渣高度利用