自然環境と調和しながら、快適さを損なわない暮らしのための発電装置

 
 
 
 
 

 

 

群馬大学

大学院理工学府環境創生部門
環境創生理工学領域 教授

中川 紳好

 
 

 

 

 

 燃料電池は化学反応から直接電力を得る発電装置で、エネルギー変換効率が高く、排ガスには環境汚染物質を出しません。枯渇が心配される化石燃料を無駄なく使うため、そして将来的には再生可能エネルギーから作られる水素やアルコールなどを利用して、自然環境と調和しながら、便利さ、快適さを損なわない暮らしを構築するためのキーテクノロジーとして期待されています。私たちはメタノールなどの液体燃料を直接利用する燃料電池の実用化に向けた研究開発に取り組んでいます。

 

  

 

キーワード 化学工学、エネルギー工学、燃料電池工学、反応工学、電気化学