非可食の植物成分から機能性化学品をつくる環境にやさしい技術の開発

 
 

 

 

群馬大学

(国研)海洋研究開発機構 招聘研究員
食健康科学教育研究センター 講師

大田 ゆかり

 
 
 

 

 

 木材や農業系廃棄物などの非可食の植物バイオマスは化石資源に替わる再生可能資源として期待されています。植物の主要成分の一つであるリグニンの有効活用を目指して、私たちはバイオと化学の力を融合させて機能性化学品をつくり出す研究に取組んでいます。

キーワード 酵素、非可食バイオマス高度利用、リグニン、ホワイトバイオテクノロジー、海洋性バクテリア