持続可能な開発⽬標(SDGs)に関連する群馬大学の取り組み

メッセージ

群馬大学長 平塚 浩士

群馬大学長 平塚 浩士

 

 SDGsの達成に向けて

 持続可能な開発⽬標(SDGs:Sustainable Development Goals)は、2015年に国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された2016年から2030 年までの国際⽬標であり、17のゴール及び169のターゲットから構成されています。
 現在、世界は人工知能(AI)などのサイバー技術が現実の空間と融合して「Society 5.0」といわれている「高度情報化社会」へと移行する大きな変革の時代にあり、持続可能な社会において人々が幸せに暮らせるよう、SDGsを達成することが求められています。
 このような急速に変化する時代において、国際社会が一丸となってSDGs達成に向けて取り組む必要がある中、本学は、SDGsの実現に向けた学問の探求及び教育研究の諸活動を通じて、豊かな人間性と高い専門能力を持った人材を養成すると共に、科学技術イノベーション(STI for SDGs)の更なる活用を推進していきます。

 国立大学としての役割

 国立大学は、「知の拠点」として全国に配置され、大規模な基礎研究や先導的な教育研究により、社会をリードする人材を養成してきました。本学は、「地域に根ざし、知的創造を通じて世界の最先端へとチャレンジし、21世紀を切り拓く大学」を目指しています。
 地域での学びを通じて、世界レベルでの課題解決に繋がる活動を行い、世界を駆け回る人材を育成していく、この思いは、まさにSDGsが目指す世界共通の課題の解決に向けた理念と一致しています。本学の諸活動によりSDGsが達成するよう、積極的に取り組んでいきます。

 主な取組

 本学では、一例として、次に紹介する取組や活動が行われています。これらの活動を推進していくことはもちろん、教職員、学生がSDGs達成の意識,意欲を一層高めるよう取り組むとともに、地域社会における活動の支援となるよう、情報発信や地域と連携した普及・啓発活動を行っていきます。
 SDGs達成を目指す教育研究活動に、これからもご支援いただきますよう、お願い申し上げます。

 

 
 
【2019年11月29日現在】

1 貧困をなくそう

2 飢餓をゼロに

3 すべての人に健康と福祉を

4 質の高い教育をみんなに

5 ジェンダー平等を実現しよう

6 安全な水とトイレを世界中に

7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに

8 働きがいも経済成長も

9 産業と技術革新の基盤をつくろう

10 人や国の不平等をなくそう

11 住み続けられるまちづくりを

12 つくる責任つかう責任

13 気候変動に具体的な対策を

14 海の豊かさを守ろう

15 陸の豊かさも守ろう

16 平和と公正をすべての人に

17 パートナーシップで目標を達成しよう