(理工学部)生体硬組織と軟組織の両方を鮮明に画像化するCT再構成アルゴリズムを開発

 群馬大学大学院理工学府の砂口尚輝 助教,山形大学の湯浅哲也,東京理科大学の安藤正海,Massachusetts General HospitalのRajiv Gupta,メルシャンクリンテック(現所属:MiZ株式会社)の平野伸一らのグループは、放射光の特性を利用したX線イメージング法である位相コントラストX線CTの再構成アルゴリズムを改良し、従来見えなかった硬組織と軟組織が混在する領域を鮮明に画像化する再構成アルゴリズムを開発しました。

 詳しくはこちらをご覧ください。