(医学系研究科)血管内皮細胞移植による虚血性脱髄巣の再髄鞘化促進のメカニズムを解明
—中高年初発うつ病の予防法・治療法の開発に繋がる可能性—

 このたび、本学大学院医学系研究科脳神経外科分野の飯島 圭哉 大学院生、好本 裕平 教授、本学大学院医学系研究科分子細胞生物学分野の石崎 泰樹 教授、柴崎 貢志 准教授、倉知 正 助教、成瀬 雅衣 助教、本学大学院医学系研究科神経精神医学分野の三國 雅彦 教授(群馬大学名誉教授、 現 国際医療福祉大学 教授)及び東京大学大学院医学系研究科脳神経外科学の今井 英明 講師の研究グループは、血管内皮細胞はオリゴデンドロサイトというグリア細胞の前駆細胞の細胞死を抑制することにより、髄鞘再形成を促進することを明らかにしましたので、お知らせします。

 

 詳しくはこちらをご覧ください。

 

<本件問い合わせ先>

群馬大学大学院医学系研究科

分子細胞生物学 石﨑 泰樹 (いしざき やすき)

 

<広報に関する問い合わせ先>

国立大学法人群馬大学昭和地区事務部総務課

広報係長 池守 善洋(いけもり よしひろ)

〒371-8511前橋市昭和町三丁目39番22号

TEL: 027-220-7895, FAX: 027-220-7720

E-mail: m-koho@jimu.gunma-u.ac.jp