(医学系研究科)ボツリヌス毒素局所注入療法は、全身性強皮症に伴うレイノー現象に対して良好な治療効果を示した
ー強皮症に伴うレイノー現象の新たな治療法に向けてー

 このたび本学大学院医学系研究科皮膚科学の石川 治教授、茂木 精一郎講師、山田 和哉助教、土岐 清香助教と群馬大学医学部附属病院臨床試験部の中村 哲也教授のグループは、全身性強皮症に伴うレイノー現象に対する新たな治療法の効果を臨床研究として検討を行った結果、A型ボツリヌス毒素局所注入療法によって、レイノー症状の重症度と痛みの改善が見られ、副作用も見られませんでした。

 本研究成果によって、A型ボツリヌス毒素局所注入療法のレイノー現象に対する高い有効性・安全性が示され、今後、新たな治療法となる可能性が期待されますので、お知らせします。

 詳しくはこちらをご覧ください。

 

<本件問い合わせ先>

群馬大学大学院医学系研究科
皮膚科学 講師 茂木 精一郎(もてぎ せいいちろう)

<広報に関する問い合わせ先>

国立大学法人群馬大学昭和地区事務部総務課
広報係長 池守 善洋(いけもり よしひろ)
〒371-8511前橋市昭和町三丁目39番22号
TEL: 027-220-7895, FAX: 027-220-7720
E-mail: m-koho@jimu.gunma-u.ac.jp