(医学系研究科)死後脳解析結果に基づく統合失調症発症モデルマウスの作製に成功
−統合失調症の新規予防法および治療法の開発に繋がる可能性−

 このたび本学大学院医学系研究科遺伝発達行動学分野の三輪 秀樹 助教らの研究グループは、統合失調症発症のメカニズムの可能性としての「統合失調症のGABA仮説」について、新たな統合失調症モデルマウスを作製することで検証し、統合失調症発症のメカニズムの一端を明らかにすることに成功いたしましたのでお知らせします。

 詳しくはこちらをご覧ください。