【WHO協力センター】2019年WHO西太平洋地域事務所を訪問(報告) Visit to WHO Western Pacific Regional Office 2019

群馬大学WHO協力センター(以下、本センター)のメンバーが、WHO西太平洋地域事務所(WPRO)の地域事務局長であるKasai Takeshi 博士とDivision of Health Systemsの部長代理のPeter Cowley博士を表敬訪問し、新地域事務局長の下で行われる新たなWPRO健康戦略について情報を得ました。メンバーはまた本センターのためのWHO責任者であるTechnical OfficerのIndrajit Hazarika博士にお会いし、(1)Hazarika博士の調整の下で活動する複数のWHO協力センター間の共同活動、(2)7月に開催された5カ国でのプライマリケアのための教育改革に関する会議、(3)ラオス以外における本センターの活動拡大の可能性、(4)2019年のIPEトレーニングコースのためのガイダンスについて話し合いました。

The members of Gunma University WHO Collaborating Centre (the Centre) paid a courtesy visit to Dr. Takeshi Kasai, Regional Director (RD) of the Regional Office for the Western Pacific (WPRO) and Dr. Peter Cowley, Acting Director of Division of Health Systems, and learned about new WPRO health strategies under new RD. The members also had a discussion Dr. Indrajit Hazarika, Technical Officer responsible for the Centre. The discussion covered (1) the collaborative activities among WHO CCs acting under Dr. Hazarika’s coordination, (2) the conference in terms of educational reforms for primary care in 5 countries held in July, (3) the possibility for expansion of the Centre’s activity in other than Laos PDR, and (4) guidance for the IPE training course in 2019.

※参考:WHOCC/多職種連携教育研究研修センターホームページはコチラ

 

【訪問概要】

 訪問日:2019年5月7日
 Term: 7 May 2019
 訪問先:WHO西太平洋地域事務所、ユナイテッドネイションズアベニュー、マニラ1000, フィリピン
 Venue: WPRO, United Nations Ave, 1000 Manila, Philippines
 訪問者:渡邊秀臣、蒲章則、佐藤江奈
 Visitors: Dr. Hideomi Watanabe, Dr. Akinori Kama, Dr. Ena Sato

 

【訪問時の様子】

Dr. Hideomi Watanabe with the approval of WHO CC mission staff
Centre for Research and Training on Interprofessional Education
May 20, 2019