iGEM群馬大学チームが読売新聞で紹介されました。

 iGEM群馬大学チームが読売新聞の取材を受け、5月13日付で記事が掲載されました。

 取材当日は、リーダーの瀬田(北)みずきさん(理工学部3年生)をはじめとするチームメンバーがiGEM参加への熱い想いを語りました。
 
<瀬田みずきさんからコメント>
 初めまして、iGEM群馬大学チーム代表の瀬田です。将来は研究者を目指しています。私は神奈川県出身ですが、縁あって群馬大学に進学しました。私がiGEMをやりたいと強く思った理由は2つあります。

 1つ目は、ものすごくやりたくてたまらなかったからです。「国際大会という実戦で自分を鍛えたい」など、言葉になる考え以上に、直感的に今これをやらなければならないという思いに突き動かされています。

 2つ目は、群馬大学の環境の良さをたくさんの人にわかりやすく伝える方法として最適だと考えたからです。群馬大学は私のように学業を思いっきりやりたい人にとっては最高の環境が揃っています。iGEMには近年5000人以上が世界中から集まりますが、国内で現在iGEMチームを持つところは京大や東工大を含む10大学前後で多くはありません。iGEMをやれるということは、学生に旺盛な意欲とエネルギー、そして大学に優れたサポート体制があることが揃っていることの強力なPRになります。

 iGEMは資金集めから英語での発表まで、一人前の研究者として立つための能力すべてを向上させる国際学生大会です。大変なことも多いですが、幸いにも私たちのチームは温かく応援してくださる周りの方に恵まれています。今後とも頑張ってまいりますので、どうぞ応援宜しくお願いいたします。

★iGEM群馬大学オフィシャルサイト
https://sites.google.com/gunma-u.ac.jp/igem-gunma
★iGEM群馬大学Twitter
https://twitter.com/iGEM_Gunma
★クラウドファンディングプロジェクトページ(※達成済)
http://academist-cf.com/projects/108

取材を受けるiGEM群馬大学チームメンバー

iGEM参加への熱い想いを語るリーダーの瀬田みずきさん

 

実験室での様子も撮影しました

実験室での様子も撮影しました