(理工学府)環境省COOL CHOICE LEADERS AWARD2018」サービスリーダー部門で優秀賞を受賞「低炭素とユニバーサルデザインに配慮した可搬式緑化技術による夏季屋外の快適空間の提供」

 2019年2月7日(木)開催の、環境省主催「COOL CHOICE LEADERS AWARD2018」表彰式において、本学理工学府(研究代表、教授:天谷賢児)・東京都農新総合研究センター・群馬県造園緑化協会公共建設部会・群馬県森林組合連合会が、産学官連携で研究開発を進める「低炭素とユニバーサルデザインに配慮した可搬式緑化技術による夏季屋外の快適空間の提供」が、サービスリーダー部門の優秀賞を受賞しました。(応募総数710件)
 夏季の高温化が進むなかで屋外の熱中症対策の課題解決のため、屋外に涼しい空間が簡単に作れる「可搬式緑化技術」を開発した成果によるものです。

 詳細はこちらをご覧ください。⇒ 理工学部HP