(保健学研究科) 心臓奇形、がんの原因遺伝子が脳機能を制御することを発見

 このたび、本学大学院保健学研究科(渡邊秀臣研究科長)の大西浩史教授、同生体調節研究所(岡島史和所長)の草苅伸也研究員、国立大学法人神戸大学(福田秀樹学長)・医学研究科(片岡徹研究科長)の的崎尚教授らの研究グループは、学校法人日本医科大学(田尻孝学長)の齋藤文仁准教授、鈴木秀典教授らとの共同研究で、ヌーナン症候群の原因遺伝子Shp2が、脳において行動制御や記憶形成に係わることを新たに発見しましたので、お知らせします。 

詳しくは下記ををご覧ください。
・プレスリリース文書
・研究背景
・本研究の成果
・本研究の意義・展望


<広報に関する問い合わせ先>
国立大学法人群馬大学昭和地区事務部総務課
広報係長 池守 善洋(いけもり よしひろ)
〒371-8511前橋市昭和町三丁目39番22号
TEL: 027-220-7895, FAX: 027-220-7720 
E-mail: m-koho@jimu.gunma-u.ac.jp