(医学系研究科) マラリアに対する新しい防御メカニズムを解明 〜キラーT細胞とマクロファージが協調、ワクチン開発に期待〜

 このたび本学大学院医学系研究科国際寄生虫病学分野の久枝 一 教授、今井 孝 助教、大塚製薬株式会社微生物研究所の石田 英和 研究員らの研究グループは、赤血球ステージのマラリア原虫に対し、キラーT細胞とマクロファージが協調して働き、感染を防御する、新しいメカニズムを解明しましたのでお知らせします。
 
 詳しくはこちらをご覧ください。