(理工学府)平成30年度リサイクル技術開発本多賞を受賞

 大学院理工学府の永井大介助教が「平成30年度リサイクル技術開発本多賞」を受賞し、2018年10月11日に産業環境管理協会において授賞式と受賞講演が行われました。なお、本研究は、重点支援「Sメンブレン」プロジェクトの一環として行っているものです。     

 永井助教は、金属吸着ユニットとしてチオカルボニル基と、水溶性ユニットとしてアミノ基を有するポリマーを合成し、簡便かつ高回収でのレアメタル捕集材料の開発を検討しました。その結果、ポリマーは金属イオン水溶液に溶解するため効率良く金属を吸着でき、吸着量増加に伴い金属を吸着したポリマーが沈殿するため、ろ過で簡便に分離できることを明らかにしました。

 これらの成果は、英国化学国際誌(Chemical Communications 2013, 49, 6852-6854)に発表されるとともに、その内容が認められ、今回の受賞に至りました。

 詳細はこちらをご覧ください。⇒ 理工学府ホームページ