群馬次世代モビリティ社会実装研究拠点竣工記念式典を開催しました

 2018年5月18日(金)に荒牧キャンパスにおいて、文部科学省地域科学技術実証拠点整備事業により整備した群馬次世代モビリティ社会実装研究拠点竣工記念式典を開催しました。

 当日は、文部科学省の松尾審議官、共同事業者である群馬県の向田産業経済部長をはじめ,多くの関係者の方々にご出席を頂き、拠点の完成を祝いました。

 式典の終了後には、施設内見学のほか、拠点の走行試験路において自動運転車両のデモンストレーション走行も行われ、出席者の方々の関心を集めました。

 本拠点の整備を核として、産学官金の強い結びつきにより、「群馬を社会実証拠点とする完全自律型自動運転車の事業化」の実現を目指していきます。