大学教育・学生支援機構 学生支援センターの教員(准教授又は講師)公募について

 

このたび,本学学生支援センターでは,下記のとおり教員(准教授又は講師)を公募することになりました

 

1.所  属 群馬大学 大学教育・学生支援機構  学生支援センター

 

2.採用職名 准教授又は講師(任期:採用日から平成31年3月31日まで。それ以降は1年更新とし,最長平成34年3月31日までとする。ただし,予算の都合により期間前に終了することがある。)

 

3.募集人数 1名

 

4.職務内容

(1) 手話通訳養成に関する教育業務

(2) 手話通訳養成に関する教材開発及びカリキュラム開発

(3) 聴覚障害学生支援における学術手話通訳ニーズの分析

(4) 手話通訳養成に関する教職員及び研究員への助言・指導

(5) その他,日本財団助成事業「学術手話通訳に対応した通訳者の養成」事業の運営に関する業務

 

本事業については,以下のホームページを参照

http://sign.hess.gunma-u.ac.jp/index/html

 

5.待  遇 本学教職員就業規則に基づく。

 

6.採用予定年月日 平成30年10月1日以降でできる限り早い時期

 

7.応募資格  (1),(2)の要件をすべて満たす者

(1) 修士以上の学位を有し,手話通訳養成に関する研究業績を有する者

(2) 大学又は他の機関において,手話通訳養成に関する教育及び実務経験を有する者

 

なお, 日本手話話者か手話通訳士等の資格を有する者が望ましい。

 

8.応募締切日 平成30年7月20日(金)(必着)

 

 9.提出書類

(1) 履歴書(様式1)              様式はこちら → word版 excel版

(2) 教育研究業績(様式2)           様式はこちら → word版 excel版

(3) 科学研究費補助金等の受給状況(様式3)   様式はこちら → excel版

(4) 手話通訳養成に関する実績一覧(様式任意)

  できるだけ具体的に記載してください。

(5) 手話通訳養成に係る教育及び研究に対する抱負(様式任意)

  縦置・横書でワープロによりA4判1枚 (1,500字程度)で作成してください。

(6) 公刊された主要業績5点(現物,抜刷,又はコピー)

  うち手話通訳養成に関する業績1点以上

 (7) 応募者について問い合わせができる方がいれば,その氏名と連絡先(2名まで)

(様式任意)

 

 

10.選抜方法等

(1) 第一次審査 書類選考  30年8月上旬予定

(2) 第二次審査 面接(旅費・宿泊費等については自己負担となります。)30年8月下旬予定

 

   群馬大学は男女共同参画を推進しており,業績(実務業績,教育業績,研究業績,社会貢献等)及び人物の評価において同等と認められた場合には,積極的に女性を採用します。

 

11.書類提出先

     〒371-8510 群馬県前橋市荒牧町四丁目2番地

     群馬大学 大学教育・学生支援機構 学生支援センター長 宛

     応募書類は書留郵便とし,封筒に「教員公募」と朱書してください。

 

12.本件に関する問い合わせ先

     群馬大学学務部 学生支援課(担当:青木)

    (電話:027-220-7135;e-mail:KA-Gkosei­_g@jimu.gunma-u.ac.jp)

 

13.その他

(1) 本学の定年は65歳です。

(2) ご提出いただいた書類・業績等は返却しません。

(3) 応募書類に記載された個人情報は,選考及び採用後の人事・給与・福祉関係に必要な手続に利用するものであり,この目的以外に利用,又は他に提供することはありません。

(4) 採用する職名は,職務実績・経験,ないしは教育・研究業績等により決定します。

(5) 着任後は前橋市又はその近郊に居住されることを希望します。

(6) 採用年月日については,応募者と相談の上対応します。

 

公募要領 記載要領 記入例