概要

◎目的

 ① 各大学等の教育研究の質の向上に資する情報の蓄積・提供

    各大学等の教育研究活動の現状を示す情報や自己点検・評価の実施に
   関する情報などを蓄積し,それらを各大学等が活用することにより,教育研
   究の質の向上に資する。

 ② 国際社会に対応する情報の蓄積・提供

    大学等の教育研究活動に関する信頼性の高い情報を幅広く蓄積・提供す
   ることにより,我が国はもとより国際社会への理解の増進を図り,大学等評
   価,ひいては我が国の高等教育全般の国際的通用性の向上に資する。

 ③ 第三者評価等に対応した作業負担の軽減に資する情報の蓄積・提供

    大学等の教育研究活動に関する情報等を定期的に蓄積(データの更新等)
   することにより,第三者評価に伴う大学等における負担の軽減を図る。

◎構成するデータ

    データベースの構築に当たっては,上述の目的を踏まえ,さらに大学評価
   制度への利用を念頭に,主として,大学等の組織的輪郭や基本的動態を示
   すデータで構成されています。
    なお,データ項目には数値化された定量的なデータのほか,教育研究活
   動に関する特色ある取組などの定性的なデータも含んでいます。

データ項目一覧(PDF)