【再公募】研究・産学連携推進機構次世代モビリティ社会実装研究センター 研究員(人工知能分野)の募集について

1 募集内容
  職名・人員 研究員(非常勤・期間業務教職員) 1名
  所属 研究・産学連携推進機構次世代モビリティ社会実装研究センター

 

2 事業者名 国立大学法人群馬大学

 

3 雇用期間
  平成30年4月1日から平成31年3月31日まで
  ※任期は年度契約で,大学が必要と認めた場合,更新することができます。

 

4 最長雇用期限 5年(平成35年3月31日まで。期間延長はありません。)

 

5 試用期間 なし

 

6 組織概要
  研究・産学連携推進機構次世代モビリティ社会実装研究センター
  (以下「センター」という。) は,次世代自動車産業振興に資する産学官金連携
  イノベーションの拠点形成を目指し,次世代モビリティシステムの社会実装研究と
  開発及び高度人材育成を目的としています。

 

7 職務内容
  センターにおいて,次に掲げる業務を中心的に行う。
  (1)人工知能技術を転用したITS(高度交通システム)関連技術の研究・開発
  (2)センターが所有する人工知能開発設備の運用・管理
  (3)次世代モビリティ車両・システムを使用した実験の計画及び遂行
  (4)次世代モビリティ車両・システムの解析及び評価
  (5)学生への教育・指導
  (6)その他センターに関する業務

 

8 勤務地 群馬県前橋市荒牧町四丁目2番地(荒牧キャンパス)

 

9 待遇及び労働条件
 (1)給 与
  ①本俸は国立大学法人群馬大学非常勤教職員給与規則に基づき職務経験等により決定
  ②諸手当(通勤手当,住居手当,超過勤務手当,期末・勤勉手当(年2回),退職手当等
 (2)勤務時間等
  ①勤務時間:8:30~17:15(7時間45分)
  ②休 日:土曜・日曜・祝日・年末年始(12月29日~1月3日),
  ③休暇休業制度:年次有給休暇,特別休暇(夏季休暇等),育児休業,介護休業等
  ④その他の労働条件等:社会保険,雇用保険,労働者災害保険に加入
   ※詳細は国立大学法人群馬大学非常勤教職員就業規則に基づく

 

10 応募資格等
  次の要件を全て満たす先端的な科学研究を積極的に推進する研究者を求めます。
  (1)修士の学位を有する者又はこれに準ずる者
  (2)人工知能に関連する技術に関する幅広い知見を有し,ITS(高度交通システム)
     に対する応用に意欲的に取り組める者
  (3)次世代モビリティの社会実装研究を推進できる者
  (4)普通自動車第一種運転免許を有し、車両の運転・運用に対する適性能力を持つ者

 

11 応募期限  平成30年2月28日(水)17時必着
        ※応募者多数の場合,早期に募集を終了することがあります。

 

12 選考方法
  (1)書類審査(一次選考)を行います。 
  (2)一次選考通過者には,二次選考(面接・車両運転実技)を行っていただきます。
     ※面接の詳細については,後日連絡します。
  (3)選考結果は,平成30年3月末までに郵送で通知する予定です。

 

13 応募書類
  (1)履歴書
  (2)職務経歴書(経歴ごとに大学や企業で行った職務・研究内容を具体的に記述)
  (3)履歴書に記載した資格や免状等を証明する書類又はコピー

 

14 書類送付先
  〒376-8515
   群馬県桐生市天神町一丁目5-1
   群馬大学研究推進部産学連携推進課理工学系産学連携係 宛
   ※応募封筒の表には必ず「研究員(人工知能分野)応募書類在中」と朱書きし,
    書留郵便にて送付又は平日の勤務時間内(8:30~17:15)に持参すること。
   ※応募書類は返却しません。

 

15 採否の決定 選考結果を通知する。

 

16 その他
 (1)応募書類に記載された個人情報は,選考及び採用後の人事・給与・福祉関係に必要な
    手続きに利用するものであり,この目的以外に利用,ないし他に提供することはありま
    せん。
 (2)二次選考に係る旅費等,応募に必要な経費は自己負担とします。

 

17 問合せ先 群馬大学研究推進部産学連携推進課理工学系産学連携係 菊池
   Tel:0277-30-1101
   FAX:0277-30-1197
   E-mail: kk-sangakurenkei3#@#jimu.gunma-u.ac.jp
      (※「#@#」を「@」に置き換えてください。)