(生体調節研究所)受精卵で父親由来のミトコンドリアのみがオートファジーにより消去される仕組みを発見

 生体調節研究所・生体膜機能分野の佐藤美由紀准教授と細胞構造分野の佐藤健教授の研究グループは,徳島大学・先端酵素学研究所・藤井節郎記念医科学センターの小迫英尊教授との共同研究により,受精後に父親由来のミトコンドリアを選択的にオートファジーに導く因子を発見しました。

 詳しくはこちらをご覧ください。