(生体調節研究所)条件付きノックアウトマウスを短期間で作製する技術の開発

 生体調節研究所ゲノム科学リソース分野の畑田出穂教授の研究グループが、条件付きノックアウトマウスを短期間で作製する技術を開発しました。
 この新しい技術により、疾患モデル動物を用いた病態解明や創薬における標的妥当性評価などへの応用が大きく広がることが期待されます。

 詳細はこちらをご覧ください⇒ 生体調節研究所HP