(理工)正・負極内のリチウム組成変化を電池の動作下で同時に測定することに成功

 理工学部の鈴木宏輔助教、鈴木操士氏、石川泰己氏、櫻井浩教授のグループは、高輝度光科学研究センターの伊藤真義副主幹研究員、櫻井吉晴主席研究員、立命館大学の折笠有基准教授、京都大学の内本喜晴教授と共同で、大型放射光施設SPring-8の高輝度・高エネルギーの放射光X線を用いて、動作下にある市販のリチウムイオン二次電池から、リチウムイオン濃度分布を測定し、正・負極内のリチウム組成変化を同時に明らかにすることに成功しました。
 本手法で得られるリチウムイオン濃度分布および定量法が、リチウムイオン二次電池の開発に資することが期待されます。

◆詳細はこちらをご覧ください⇒プレスリリースの詳細へ