(理工学府)食べられる光学素子を実現

 群馬大学理工学府電子情報部門の奥寛雅研究室では、食べられる光学素子の開発及び再帰性反射材の形成に成功しました。
 これらを応用することで、料理と組み合わせた新たな食の演出方法の創出や、人間の消化管内部に設置することで手術の自動化・高精度化、内視鏡検査の高性能化が可能になります。

 詳しくはこちらをご覧ください。⇒ 群馬大学大学院理工学府

 本研究は文部科学省科学研究費補助⾦挑戦的萌芽研究の助成を受けて行われました。

〈本件問い合わせ先〉
群馬大学大学院理工学府電子情報部門 准教授 奥 寛雅
TEL:0277-30-1940
E-mail: h.oku@gunma-u.ac.jp
研究室ホームページ: http://okulab.wixsite.com/okulab

〈広報に関する問い合わせ先〉
群馬大学理工学部事務部庶務係
TEL:0277-30-1014,1895