(医学系研究科)「さする」となぜ神経の突起が伸びるのかという分子機構―細胞伸展の感知センサー動作原理を発見―

 このたび、本学大学院医学系研究科の柴崎 貢志 准教授らは、世界で初めて神経回路形成時に細胞膜上に「さする」様な物理的な刺激が加わり、これをTRPV2タンパク質が感知することで、神経の突起をより長く伸ばすことを見いだしましたので、お知らせします。

 詳しくはこちらをご覧ください。


 本研究は文部科学省科学研究費補助金 基盤研究B、新学術領域「温度生物学」の補助を受けて行われました。

<本件問い合わせ先>
国立大学法人群馬大学大学院医学系研究科
脳神経発達統御学講座 准教授 柴崎 貢志 (しばさき こうじ)

<広報に関する問い合わせ先>
国立大学法人群馬大学昭和地区事務部総務課
広報係長 池守 善洋(いけもり よしひろ)
〒371-8511 前橋市昭和町三丁目39番22号
TEL: 027-220-7895, FAX: 027-220-7720
E-mail: m-koho@jimu.gunma-u.ac.jp