あかぎ信用組合と産学連携に関する協定を締結

 国立大学法人群馬大学(平塚浩士学長)とあかぎ信用組合(小林正弘理事長)は、地域を中心とした産学連携の協力推進のため、平成28年12月26日に産学連携に関する協定を締結しましたので、お知らせいたします。
 本協定は、群馬大学とあかぎ信用組合が緊密な情報交換を行うとともに、ノウハウ等を用いて相互に協力し、地域の産学連携を推進することにより、地域社会の発展に貢献することを目的としております。
 群馬大学が信用組合と協定を締結するのは、今回が初めてとなります。本学は、組織的に産学連携に取り組み、地域企業や地域がますます発展することを目指していきます。

 【協力事項】
1 群馬大学の研究成果等のシーズと地域企業の技術ニーズとのマッチング事業
2 あかぎ信用組合の取引先企業からの技術相談に関する支援
3 地域企業の技術ニーズの情報収集及びそれに対する情報提供や支援
4 その他両者が合意した事項

 あかぎ信用組合のホームページはこちらをご覧ください。

 

281228news

左:群馬大学の平塚学長、右:あかぎ信用組合の小林理事長