G7保健大臣会合公式サイドイベントへの参加について(報告)

9月10日に、ユニバーサル・ヘルス・カバレージ制度と高齢化をテーマとして、G7保神戸健大臣会合公式サイドイベントが神戸で開催されました。本学からはWHO関連共同研究ラボラトリー統括者・多職種連携教育研究研修センター長の渡邊秀臣保健学研究科教授と蒲章則 WHO関連共同研究ラボラトリー教授が参加し、政府関係者や国内外の参加者等と積極的に意見交換を行いました。詳細の報告はこちらをご覧下さい。

・多職種連携教育研究研修センター

【本件問い合わせ先】
群馬大学多職種連携教育研究研修センター(WHO協力センター)
E-mail: gcrtipe_whocc-owner@ml.gunma-u.ac.jp