(医学系研究科)血管内皮細胞由来のエクソソーム(細胞外小胞)がオリゴデンドロサイト前駆細胞の生存・増殖・運動能を促進する

 このたび、本学大学院医学系研究科分子細胞生物学分野の倉知 正 助教、石﨑 泰樹 教授、大学院医学系研究科神経精神医学分野の三國 雅彦 名誉教授の研究グループは、ラット大脳から調製した微小血管内皮細胞の培養上清からエクソソームを単離し、それをラット大脳から調製したオリゴデンドロサイト前駆細胞に投与したところ、その生存・増殖・運動能が促進されることを明らかにしましたので、お知らせします。

 詳しくはこちらをご覧ください。

※本研究は科学研究費補助金及び脳科学研究戦略推進プログラム(AMED)による支援を受けて行われました。

 

<本件問い合わせ先>
国立大学法人群馬大学大学院医学系研究科
分子細胞生物学 教授 石崎 泰樹 (いしざき やすき)


<広報に関する問い合わせ先>
国立大学法人群馬大学昭和地区事務部総務課
広報係長 池守 善洋(いけもり よしひろ)
〒371-8511 前橋市昭和町三丁目39番22号
TEL: 027-220-7895, FAX: 027-220-7720
E-mail: m-koho@jimu.gunma-u.ac.jp