ヤヌスキューブの簡便な合成法を開発し、結晶構造の解析に成功

 群馬大学(平塚浩士学長)、産業技術総合研究所(中鉢良治理事長)、新エネルギー・産業技術総合開発機構(古川一夫)は、かご型構造を持つケイ素化合物に、異なる2種類の置換基を対面に配置した「ヤヌスキューブ」と呼ばれる物質の簡便な合成法を開発し、その結晶構造を初めて解析しました。

 詳細はこちら