理工学部の教育ポリシー

入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)~このような人を求めています~

  1. 誰も行ったことのない新しいことに挑戦することが好きで、失敗をおそれない人
  2. 自らの能力向上を目指し、そのための労を惜しまない人
  3. 自然現象や科学技術などに興味があり、それらを通じて自然科学の原理原則を最後まで追究したい人
  4. 理工学を学ぶ上での基礎学力を有し、理学的基盤(数学、物理学、化学、生物学など)の理解を基に新理論・新技術の開発にチャレンジしたい人理解し、さらにこれらを基に新理論・新技術の開発にチャレンジしたい人

  5. 理工学分野で国際的な活躍をめざす人

~高等学校等で履修すべき科目・取得が望ましい資格等~

数学では、数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・A・B(あるいは同等の科目)、理科では、物理(物理基礎を含む)、化学(化学基礎を含む)、生物(生物基礎を含む)(あるいは同等の科目)のうち2つ以上及び英語を履修していることが望ましい。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)~このような教育を行います~

世界の知的基盤を担う創造性豊かな人材を育成するため、学生と教員との緊密なつながりを基本として、次のような教育を行います。

  1. 理学に根ざした俯瞰的な物の見方、考え方を身に付け、工学に根ざした実践的・独創的な課題解決能力を養う理工学教育
  2. 国際的な水準を満たし、かつ各教員の特長を活かした教育
  3. 個人の発想や知的好奇心を尊重し、未知の分野に挑戦する活力と創造性を育む教育
  4. 国際コミュニケーション能力を備え、世界を舞台に研究者・技術者として活躍できる人材を育成する教育

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)~このような人材を育てます~

所定の年限在学し、かつ所定の単位を修得した、次のような者に学士の学位を授与します。

  1. 自然や社会の理解に関する俯瞰的・論理的な見方や考え方を修得した者
  2. 理工学に関する基礎および専門的な知識を修得した者
  3. 社会の中で専門分野の知識を活かし、未知なるものの探求、新たなものの創生や諸課題の解決に取り組める者
  4. 他者の意見を理解し、自らの意見を伝え、外国の人ともコミュニケーションができる素養をもつ者