医学部保健学科の教育ポリシー

入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)~このような人を求めています~

  1. 本学科での学習を通して科学的な思考力と幅広い知識を培い、豊かな見識を身に付け、人間の尊厳を尊重できる人
  2. 柔軟な発想、みずみずしい感性、高い意欲を持つ人
  3. 看護師・保健師・助産師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士となることを通じて、高度化・専門化する保健医療の担い手となることを望む人
  4. 医療技術の学問の進歩に関心を有し、その学習や発展に向けた熱意と行動力を持つ人
  5. チーム医療等の保健医療の現場において、多くの人々とコミュニケーションが取れる人
  6. 国内外の場において多様な人々とともに学び助け合い、地域や国際社会で活動できる人

~高等学校等で履修すべき科目・取得が望ましい資格等~

大学入試センター試験で本学科が課す5教科7科目の基礎的な学習を重視してほしい。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)~このような教育を行います~

  1. 全人的医療の担い手としての人間性の涵養と、専攻分野で必要な基礎力の育成を図る教育
  2. 専門教育では基礎から臨床に亘る階層的知識の積み上げを図るとともに、先端の保健医療の学習にも配慮する教育
  3. 保健医療の担い手としての主体的思考・行動力と豊かな感性を持つ人材育成を図る教育
  4. チーム医療の担い手としての意識と、そこで必要な能力の育成を図る教育
  5. グローバル化した保健医療の諸課題に対応できる国際的視野を持つ人材育成を図る教育

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)~このような人材を育てます~

所定の年限在学し、かつ所定の単位を修得した、次のような者に学士の学位を授与します。

  1. 保健医療の専門職職業人となるために必要な知識と技術を備え、人間の尊厳を尊ぶ心を持つ者
  2. 保健医療の諸課題に対し、多面的視点からの柔軟な思考、的確な判断と対応ができる者
  3. チーム医療を担う自覚を有し、関係する人々との相互理解と円滑な協働関係が築ける者
  4. 保健医療の担い手として、将来に向け自らを向上させてゆく意欲と自己開発力を持つ者