医学部医学科の教育ポリシー

入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)~このような人を求めています~

  1. 医師としての資質、特に医師としてふさわしい人格と倫理性、コミュニケーション能力、人間に対する豊かな感受性と奉仕の精神を備えている人
  2. 本学科の教育内容を理解するために必要な総合的基礎学力を十分に備えている人
  3. 医学研究、医学教育、医療行政、社会貢献活動を指向する人
  4. 地域医療に貢献することへの志と強い信念を持っている人

~高等学校等で履修すべき科目・取得が望ましい資格等~

数学(数Ⅰ、数Ⅱ、数Ⅲ、数 A、数 B)、理科(物理、化学、生物)、英語について履修していることが望ましい。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)~このような教育を行います~

  1. 医師としての倫理観・責任感及びチームのリーダーとしてふさわしい人格を身に付けさせる教育
  2. 人体の構造と機能、ヒトと環境や微生物とのかかわり、薬物の作用機構など、医学の基礎を学ばせる教育
  3. 心身の異常及びその原因・病態並びに予防・診断・治療など、医師や医学研究者として必要な知識を修得させる教育
  4. 問題解決能力やリサーチマインドを涵養するとともに、高度な臨床・研究技能を修得させる教育

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)~このような人材を育てます~

所定の年限在学し、かつ所定の単位を修得した、次のような者に学士の学位を授与します。

  1. 高い倫理観と責任感を有し、医学・医療チームのリーダーとして信頼される人格を身に付けた者
  2. 医師、医学研究者、医学教育者又は医療行政担当者となるために必要な知識を身に付けるとともに、新たな課題に対応できる論理的思考力を修得した者
  3. 広い医学知識に裏打ちされた高い臨床・研究技能を修得した者