社会情報学部の教育ポリシー

入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)~このような人を求めています~

  1. 高度情報社会の在り方や望ましい発展に関心がある人
  2. 科学的な考え方や分析の手法を身に付けようとする人
  3. 自分の考えを相手に伝える技術を身に付けようとする人

~高等学校等で履修すべき科目・取得が望ましい資格等~

 入学試験で選択した科目に限らず幅広く学習することが望ましい。国語や数学、英語、地理歴史、公民等を学習し、さらに広く社会の出来事に関心を持つようにしておくことが望ましい。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)~このような教育を行います~

  1. 大学での学修に必要な基礎的な学力や学修の方法・技術を習得させ、多角的な視点から問題を探求する姿勢を身に付けさせる教育
  2. 専門教育を支える十分な社会情報学的な思考方法を醸成する教育
  3. 情報リテラシーやデータ収集・分析能力、外国語運用能力等を養成する教育
  4. 高度情報社会の特質を専門的・多角的に読み解く力や問題解決能力を養成する教育
  5. 自ら設定したテーマに沿って調査・研究活動を進め、それを論文や提案として結実させる能力を養成する教育

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)~このような人材を育てます~

所定の年限在学し、かつ所定の単位を修得した、次のような者に学士の学位を授与します。

  1. 社会で情報が生産・流通・加工・蓄積・活用される一連のプロセス(社会情報過程)に関する知識を有し、課題を理解できる者
  2. 情報社会に生起する組織や地域社会の諸課題に関心を持ち、その解決に意欲を持つ者
  3. 科学的・批判的に思考・判断する能力を有する者
  4. 実践的な情報処理能力と課題に即したデータの収集・分析能力を有し、適切な考察を行うことができる者
  5. 自ら得た知見を分かりやすく説明・伝達する能力を備えた者